カラーコーディネーターの仕事とは

カラーコーディネーターの仕事は目的にあった色の演出を行うこと、そして色彩の魅力を引き出すことです。

私たちの取り巻く環境は色で満ちあふれています。店舗、服装、パッケージ、インテリアなどあらゆるものに、無数の色が使われています。色彩は人に心理的な影響を与え、人を楽しするような色使いもあれば、悲しみを表現する色使いもあり、人の気持ちを表現することも、心になごみ、潤いを与えることも可能です。

このように、色彩を巧みに組み合わせることで、意図や目的に沿った色の演出を行なうのがカラーコーディネーターの仕事です。 従ってカラーコーディネーターの仕事は多岐にわたり、ファッションのアドバイスから、製品のパッケージ、部屋のインテリア、建物の外装など多くのジャンルにわたっています。

カラーコーディネーターの仕事へのステップ

カラーコーディネーターになるには、どのようなステップを踏むかを考えてみました。

まずカラーコーディネーターになるには、特別な資格は必要としません。しかし色彩に関する専門的な知識を得るために通信教育や専門学校、美術系の大学などで学ぶ人が多いようです。

カラーコーディネータ向きの資格としては、「ファッションコーディネート色彩能力検定」3級・2級、あるいは 「カラーコーディネーター検定」3級・2級の資格を取得する方が多いようです。それぞれ、検定を行う団体が異なります。

ファッションコーディネート色彩能力検定は服飾・インテリア・美容関係者が取得することが多く、カラーコーディネーター検定は流通・建築・デザイン関係者が取得する傾向がありますが、どちらの方が有利ということは無いようです。

色彩への関心が高まり、色についての知識が求められる分野が広がってきており、各分野の企業で活躍している方が多いです。また実力のある方は独立開業し、フリーのカラーコーディネーターとして活躍される方も多いようです。そしてカラーコーディネーターとして働くかたわら、従事している分野や企業で必要なスキルや専門知識、関連する資格を取得し、更に専門的なカラーコーディネーターを目指す方も多いようです。

カラーコーディネーターの試験について

カラーコーディネーターの試験概要

カラーコーディネーター向けの試験としては

  • ファッションコーディネート色彩能力検定(色彩検定)
  • カラーコーディネーター検定試験

があります。ぞれぞれの試験概要は以下のとおりです。

ファッションコーディネート色彩能力検定(色彩検定)

  • 受験資格 特に制限はなく、何級からでも受験可能。
  • 試験内容 3級から1級まであり、級が上がることに専門性を増し、広範囲な内容になっていく。3級が基本的な色の成り立ち、色彩調和についての内容となり。2級ではそれに加え、色彩と文化などについても試験に出題される。更に1級ではプロダクトデザインに関する内容も網羅される。
  • 出題形式は 3級: マークシート方式 2級: マークシート方式(一部記述式) 1級1次: マークシート方式(一部記述式) 1級2次: 記述式(一部実技)
  • 試験日 年2回 6月(夏季検定:3・2級のみ)、11月(冬季検定)
  • 試験地 全国各地で行われている、関東では水戸、土浦、宇都宮、足利、前橋、さいたま、千葉、東京、横浜
  • 合格基準 問題の難易度により多少変動しますが、各級満点の70%前後です。
  • 合格発表 夏期検定は7月下旬 冬期検定は1級1次合否通知と2級・3級は12月下旬 1級2次合否は翌年1月下旬
  • 問合せ先 (社)全国服飾教育者連合会(A・F・T) 〒110-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー7F 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー16F 申し込み方法など、受験に関することについては: 0120-125-662 http://www.aft.or.jp/

カラーコーディネーター検定試験

  • 受験資格 特に制限はなく、何級からでも受験可能。
  • 試験内容 東京商工会議所発行の各級の公式テキストに沿った内容とそれに基づいた応用力が必要な問題が出題されます。
  • 3級:マークシート方式で制限時間は2時間、70点以上で合格となります。合格者はアシスタント・カラーコーディネーターの称号が与えられます。 試験内容は色の性質、色と心理、色を表し伝える方法、配色と色彩調和、光から生まれる色、色が見える仕組み、色の測定、混色と色再現、色と文化
  • 2級:マークシート方式で制限時間は2時間、70点以上で合格となります。合格者は2級カラーコーディネーターの称号が与えられます。 カラーコーディネーションの意義、色彩の歴史的発展と現状、生活者の視点からの色彩、生産者の視点からの色彩、カラーコーディネーターの視点 1級:3つの分野(ファッション色彩、商品色彩、環境色彩)のうち、1つの分野を選択、マークシート方式および論述問題、制限時間は2時間30分、70点以上で合格となります。合格者は1級カラーコーディネーターの分野別の称号が与えられます。
  • 試験日 年2回 6月(2、3級のみ),12月(全級)
  • 試験地 全国各地の商工会議所で実施されているが、1級に関しては実施場所が限られるため事前に確認が必要です。
  • 合格基準 各級100点満点で70点以上です。
  • 合格発表 6月の検定は7月下旬 12月の検定は翌年1月下旬から2月初旬
  • 問合せ先 東京商工会議所検定センター 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 TEL 03-3989-0777 http://www.kentei.org/


スポンサードリンク